売上仕入契約書(消化仕入契約書)  (売上仕入契約書(消化仕入契約書).doc)

¥ 7,560

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(103936 バイト)

※本サイト(BASE)でのお支払い方法は、クレジットとなります。
※銀行口座への振込によるお支払いをご希望する方は、別途メールでのやり取りとなります。 okada@mail-office.jp 宛にメールを下さいませ。

※注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。
※追加料金を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。(お見積もりします。)

-----------------------------

★小売業者(ショッピングセンター、百貨店など)が、商品の納入業者と締結する「売上仕入契約書(消化仕入契約書)」のひながたです。

※小売業者が商品を納入業者から仕入れ、店舗内の売場で、その商品を販売することを想定しています。
※納入業者は売場に従業員を派遣し、商品の販売・保管業務の補助を担当させます。
※売れた商品のみを仕入れたとする仕入れ形態をとります。

※「売上仕入」は「消化仕入」と同義です。

★ご参考(当事務所HP):『商品の仕入れ形態 買取り、委託、消化仕入れ』
 http://keiyaku.info/hanbai04.html

★ご参考(当事務所HP):『売買契約:販売代理店がメーカー等から仕入れて転売する形(仕切売買)』の契約内容
 http://keiyaku.info/hanbai01.htm

※通常の仕切売買でしたら、小売業者の利益は、商品供給元から仕入れた商品の価格と消費者へ売却した価格の差額(転売利益)となります。小売業者は仕入れリスクを負担します。

※しかし売上仕入れ(消化仕入れ)の場合は、小売業者は店頭で売れた商品のみを仕入れたとする仕入れ形態です。従って、小売業者は仕入れリスクを負担しません。また、店頭に置いた商品の盗難や破損に関するリスクも負担しません。これらのリスクは全て商品の納入業者が負担します。

★「売上仕入契約書(消化仕入契約書)」に含まれる条項
-----------------------------------
第1条(対象商品)
第2条(委託業務の内容)
 →乙(納入業者)は、売上仕入契約に基づき、別途規定される商品納入を行うほか、甲(小売業者)による商品販売・保管の「補助」を行うとしています。
 →また、甲(小売業者)が、消費者に対する商品の販売主体であることを明示しています。
 →いわば「出店契約」的な内容としています。
 →商品の販売主体が乙(納入業者)であることを規定した場合であって、かつ、販売する場所が甲(百貨店等)の店舗であった場合は、乙(納入業者)を賃借人とした賃貸借契約の要素が入ってきます。すなわち借地借家法の適用を受ける可能性が出てきますので、解約のとき、乙(納入業者)の立ち退きが容易に認められなくなる可能性があります。

第3条(基本契約と個別契約)
第4条(商品の販売場所)
第5条(売上代金の処理)
第6条(引渡し)
第7条(所有権の移転時期)
 →売上仕入契約(消化仕入契約)では、商品の所有権の移転時期について、乙(納入業者)が甲(小売業者)の店舗等に搬入した時点ではなく、商品を顧客に販売した時点であることが明確にされています。
第8条(従業員の統制)
第9条(商品管理上のリスク負担)
 →売上仕入契約(消化仕入契約)では、乙(納入業者)から甲(小売業者)に納入された商品は、甲(小売業者)の管理下であるものの、乙(納入業者)が所有権を有し、また、乙(納入業者)の従業員により実質的な管理もなされていることが多いです。このため本条では、甲(小売業者)に納入されてから顧客に販売もしくは乙(納入業者)が搬出するまでは、原則、乙(納入業者)が商品管理上のリスクを負うことを規定しています。
第10条(顧客に対する責任負担)
第11条(費用負担)
第12条(販売商品、販売方法)
第13条(営業権、賃借権等の排除)
第14条(商標・商号、包装紙等の使用)
第15条(秘密保持義務)
第16条(個人情報の保護、顧客情報)
第17条(定期打合会議)
第18条(損害賠償)
第19条(不可抗力)
第20条(権利・義務の譲渡制限)
第21条(暴力団排除条項)
第22条(有効期間)
第23条(期限の利益の喪失)
第24条(契約解除、任意解約)
第25条(契約終了の効果)
第26条(契約終了後の措置)
第27条(協議、裁判管轄)
-----------------------------------

★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。

★追加料金を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。(お見積もりします。)

当事務所関連HP
商品の仕入れ、陳列、販売に係る業務設計/契約書作成、例;『売上仕入/消化仕入』を軸とした業務設計
 http://keiyaku.info/hanbai04.html
ファッションビジネス、アパレル産業の契約法務
 http://keiyaku.info/fashion01.html
販売代理店契約書
 http://keiyaku.info/hanbai01.htm

----------------------------------------
M.B.A. 行政書士 岡田旭事務所
株式会社設立、ビジネス契約法務、業務提携プロデュース
神戸、大阪など関西圏、東京、全国対応

http://web-box.jp/okadaoffice/

〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目14番8号
Tel: 090-4499-0133
E-mail: okada@mail-office.jp
Fax: 020-4623-1630