デザイン業務委託基本契約書+個別契約書(デザイン業務委託基本契約書+個別契約書.doc)

¥ 8,640

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(123392 バイト)

【デザイン業務委託基本契約書+個別契約書】

※本サイト(BASE)でのご購入は、クレジット決済となります。
購入時に送信されるメールにダウンロードURLが記載されます。購入から3日間・3回まで契約書ひながた(書式)のファイルをダウンロードすることが可能です。

※銀行口座への振込によるお支払いをご希望する方は、別途メールでのやり取りとなります。
okada@mail-office.jp 宛にメールを下さいませ。
もしくは以下のフォームにご記入のうえ、送信して下さいませ。
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P30926510

★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。
追加料金をお支払い頂くことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。(お見積もりします。)
-----------------------------------------------------


【デザイン業務委託基本契約書+個別契約書】

★デザイン業務を外部のデザイナーに継続的に外注するための「基本契約書」、及びこの基本契約書に基づく「個別契約書」のサンプルです。

→各種商品の制作、広告制作などの分野に適用可能です。
→デザイン・デザインコンセプトの企画立案、それに基づく成果物の制作、及び
 それらに付帯関連する業務が、デザイナーへの業務委託内容となります。

★基本契約の定めは、個々の取引契約(個別契約)に共通に適用されます。なお、個別契約において本契約と異なる内容がある場合、個別契約の内容が本契約に優先するものとしています。

★基本契約では、デザイン制作業務にかかる報酬の支払方法、著作権等の知的財産権、媒体等の所有権の取扱い等について定めています。

★基本契約の最後には、任意に規定することができる「特約条項」として、「同一性保持権」と「コンペの際に提出して頂く作品データの取扱い」についても記載しています。

→甲が、乙の意に反して、本件著作物の変更、切除その他の改変を行わないことについて定めています。

→乙がコンペの際に提出した作品データの、
「公開・非公開に関すること」、
「目的の範囲を超えて無断使用をしないこと」、
「不採用となった作品データは消去すること」、
等について定めています。


-----------------------------------
※ご参考(当事務所HP)
デザイン・アート・クリエイティブの契約書
 http://keiyaku.info/design01.html
ファッションビジネス、アパレル産業の契約書
 http://keiyaku.info/fashion01.html
IT業界・WEB業界の契約書
 http://keiyaku.info/web02.html
著作権の譲渡に関する契約書
 http://keiyaku.info/copy01.html
業務委託契約書 (個人事業主:フリーエージェント向け)
 http://keiyaku.info/ukeoi03.html
継続的取引基本契約書
 http://keiyaku.info/torihiki01.html
-----------------------------------


★『デザイン業務委託基本契約書+個別契約書』に含まれる条項
-----------------------------------
第1条(目的、基本契約性)

 甲は乙に対し、本基本契約に定める条件のもとに、デザインの制作に関する業務を委託し、乙は、これを引き受けることを定めています。

 基本契約の定めは、個々の取引契約(個別契約)に共通に適用されます。
 なお、個別契約において本契約と異なる内容がある場合、個別契約の内容が本契約に優先するものとしています。


第2条(報酬)
 デザイナーが業務の成果物(著作物)を納品し、かつ、著作物の確認が終了したことを条件として、
 デザイナーに対し、別途規定に基づき、報酬を支払うものとしています。

 ただし、本件業務の報酬の一部として着手金等を定めた場合は、
 別途定める期日までに、当該着手金等を支払うものとしています。

 「別途定める」=報酬額は別途定めます。報酬額の規定を別途定める場合は、「別途規定に基づき」のような文言を入れて下さい。


第3条(著作権等の知的財産権の譲渡、媒体等の所有権移転)

 第1項:著作権の譲渡に関する規定です。
 →『著作権の譲渡』は、契約書に明記する必要があります。
  ご参考:当事務所HP http://keiyaku.info/copy01.html

 ★本件著作物に関する著作権等の知的財産の帰属をクリエイターに留保する場合の「第3条」の例も、ひながたには記載しています。
 →どちらかを選択して下さい。


第4条(保証)

 納品された著作物が他人の著作権やプライバシー権等を侵害しているような場合、これを実際に利用する依頼者が、
 著作権侵害等を理由に権利者から損害賠償等の責任追及を受ける立場になります。
 このため、著作物の制作委託契約においては、著作者が著作物について他人の権利を侵害していないことを保証する条項を設けることがあります。
 ただし、このような条項を設けただけで、著作権やプライバシー権の侵害の被害者に対しての責任が
 全くなくなるわけではない(ケースにより判断が変わることがあります)ので、注意が必要です。


第5条(著作物の使用)

 第1項:甲が「個別契約に定める目的の範囲を超えて本件著作物を使用する場合」は、乙の事前承諾を得るものとしました。

 第2項:乙は、甲の事前承諾を得た場合、乙の実績等にするため、本件著作物をウェブサイトその他の媒体に掲載することができるものとしました。


第6条(報告義務)


第7条(情報・資料等の返還・廃棄)


第8条(費用負担)


第9条(第三者に対する損害、不正に対する損害)

 第2項は、乙が甲に不正をはたらいた場合のペナルティについての規定です。
 (ペナルティに関する第2項の規定が不要な場合は、第2項を削除して下さい。)

第10条(秘密保持義務)


第11条(権利義務の譲渡禁止)

 民法上、譲渡性のない一身専属的なものを除いて、原則として債権は譲渡可能ですが、ここでは、契約内容の性質にかんがみ、
 本基本契約に基づく権利または義務の譲渡等を禁止することにしています。


第12条(規約の解除)


第13条(有効期間)


第14条(協議、裁判管轄)


★【特記事項】
 以降、「特記事項」を付記しています。
 →「第15条(特記事項:同一性保持権)」
 →「第16条(コンペの際に提出して頂く作品データの取扱い)」
 必要に応じて、このような「特記事項」を付記して下さい。(必要がない場合は、第15条、第16条は削除して下さい。)


第15条(特記事項:同一性保持権)

 甲が、乙の意に反して、本件著作物の変更、切除その他の改変を行わないことについて定めています。

 『改変』は、著作権法第二十条(同一性保持権)で出てくる文言です。
 同条第1項で「変更、切除その他」と規定されていますが、同条第2項では『改変』にあたらない場合が規定されています。


第16条(コンペの際に提出して頂く作品データの取扱い)

 コンペの際に提出された作品データの取扱いに関する規定です。
 作品データのファイル形式やサイズなどを定めています。
 また、作品データの公開・非公開に関すること、目的の範囲を超えて無断使用をしないこと、不採用となった作品データは消去すること等について定めています。


【デザイン業務委託個別契約書】
-----------------------------------
★末尾に、「デザイン業務委託個別契約書」のサンプルもつけています。
個別具体的な業務の内容、報酬、納期について定め、それ以外は基本契約によるものとしています。

第1条(目的)

第2条(情報提供)

第3条(デザインコンセプト)

第4条(基本デザイン)

第5条(詳細デザイン)

第6条(デザイン監理)

第7条(業務の変更と中止)

第8条(業務の完了)

第9条(著作権の譲渡等)
 第1項:譲渡する著作権の範囲を、甲は最終的に採用したデザインに関するものと定めています。
 第2項:第1項で定める著作権を除く、乙が本件個別業務の遂行を通じて創作した成果物に係る著作権については、乙(デザイナー)に留保されることを定めています。

第10条(対価)
 対価を「金○○円(消費税別途加算)」のように固定の額とするほか、「工場出荷した本件製品の個数1個につき金○○円(消費税別途加算)」のようにすることも考えられます。

 著作物を創作・譲渡してもらう契約における「対価」には、以下の内容が含まれます。
 ・創作作業等への対価(作業料等)
 ・(著作者から著作権の譲渡を受ける場合)著作権の譲渡の対価

 →対価が著作権の譲渡に対する対価を含む場合、著作権の譲渡に対する対価がいくらかという内訳を明記した方が望ましいです。

 →なお、「譲渡」ではなく「利用許諾」の場合、著作権譲渡の対価の代わりに、著作権利用許諾の対価(ロイヤリティ)に関する定めを記載することになります(商品の売上高の○%等)。

 対価を「着手金」と「残金」に分けて、それぞれの支払期日を定めています。
 (「残金」については、「業務完了の日の翌月末日まで」に支払うものとしています。

第11条(成果物の公表)

第12条(個別契約に規定のない事項の取扱い)
-----------------------------------


★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。

追加料金(お見積もりします)をお支払い頂くことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。