スクール事業向け『受講規約』(受講規約(パスワード1234).zip)

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(49965 バイト)

※本サイト(BASE)でのご購入は、クレジット決済となります。
購入時に送信されるメールにダウンロードURLが記載されます。購入から3日間・3回まで契約書ひながた(書式)のファイルをダウンロードすることが可能です。

※銀行口座への振込によるお支払いをご希望する方は、別途メールでのやり取りとなります。
okada@mail-office.jp 宛にメールを下さいませ。
もしくは以下のフォームにご記入のうえ、送信して下さいませ。
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P30926510

—————————————————————

★スクール・カリキュラムの運営者が受講者に提示する「受講規約」です。
★スクール事業/協会ビジネス向け。

※ZIP圧縮しています。解凍する際にパスワードをきかれますので、1234 と打ち込んで下さい。
解凍したフォルダの中から、3つのファイルがでてきます。

 (A1)受講規約.doc
 (B1)受講申込フォーム.doc
 (C1)受講申込の承諾通知サンプル.doc

 →「受講申込フォーム」及び「受講申込の承諾」の案文・サンプルもつけています。

—————————————————————

★規約形式ではなく通常の契約書の形式:「受講契約書」のひながたも用意しています。

(こちらは、電話勧誘販売などクーリング・オフ制度が適用される勧誘方法を行う場合も想定しています。)

 http://akiraccyo.thebase.in/items/2054595

—————————————————————

★ウェブサイト等にこの「受講規約」を掲載し、これに同意した人が受講を申込むような契約の流れを想定しています。
契約の流れは以下の通りとなります。

(1)「受講規約」の内容に同意し、受講を決めた受講検討者は、「受講申込フォーム」に必要事項を記入しスクール運営者に送付することにより、受講契約を申込む。
(2)スクール運営者は受講検討者に「受講申込の承諾」を通知することで、契約を締結する。

★「受講規約」と共に、「受講申込フォーム」を手渡し/郵送/FAXで受講希望者に送り、署名または記名押印のうえ返送してもらうことで、受講の申込を受けます。
→「受講申込フォーム」をウェブサイト上に設置し、そこから申込んでもらう方法も考えられます。
→本人確認に正確を期するなら、受講者の身分証明書(運転免許証、パスポート等のコピー)と個人実印の印鑑証明書も、「受講申込フォーム」とあわせて受講者に送ってもらってもよいかと思います。

—————————————————————

★ご参考(当事務所HP)
 スクール事業:『スクール事業、協会ビジネスの契約書作成、一般社団法人設立』
   http://keiyaku.info/school01.html
 講師の例:『スポーツインストラクター、パーソナルトレーナーの契約書』
  http://keiyaku.info/s_management02.html

—————————————————————

★「(A1)受講規約.doc」に含まれる条項
—————————————————————————————————————————

第1条(目的、本規約の適用)

 第1項:ここでは、複数のカリキュラムを記載し、チェックボックスで選択するようにしています。
     単一のカリキュラムのみ記載し、他を削除して使用することも可能です(以下同様)。
 第2項:本規約が適用される者(受講者)について定めています。
 第3項:受講者は、本規約のすべての記載事項について同意した上で、当法人に対し、本カリキュラムの受講を申込む必要があるものとしています。

第2条(当法人の情報)


第3条(講座の内容、受講料)


第4条(受講料の支払)


第5条(欠席・遅刻・早退)

 第1項:「1回以上欠席した場合」は、本カリキュラムの内容・期間により、例えば「3回以上欠席した場合」のように変更して下さい。
 ※「無料振替受講」に関する規定を追加することも考慮して下さい。(ひながたには、この規定例も記載しています。)

第6条(一部受講)

 ※休学に関する規定を追加することも考慮して下さい。(ひながたには、この規定例も記載しています。)

第7条(休講)


第8条(修了規定)

 ※(カリキュラムを「認定技術者」「認定講師」の認定とリンクさせる場合の規定例も記載しています。)

第9条(教材等)

 オリジナルの教材に係る著作権に関する規定です。

第10条(録音・撮影)

 受講者がカリキュラムの様子を録音または撮影する場合の規定例です。

第11条(解約)

 受講者が解約する場合の規定例です。

第12条(合意管轄等)
—————————————————————————————————————————


★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。

追加料金をお支払い頂くことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。(お見積もりします。)