販売委託契約書(代理商)(販売委託契約書(代理商).doc)

¥ 7,560

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(81408 バイト)

【販売委託契約書(代理商)】

※本サイト(BASE)でのお支払い方法は、クレジットとなります。
※銀行口座への振込によるお支払いをご希望する方は、別途メールでのやり取りとなります。 okada@mail-office.jp 宛にメールを下さいませ。

★本契約書は「販売委託契約書」、とくに「締約代理商」の販売委託契約書です。販売委託契約とは、委託者が商品の販売業務を受託者に委託し、受託者はこれを受託して業務を遂行するものです。

→受託者は「販売業務」の対価として業務委託料を得るものであり、商品の売買契約(仕切売買)によって利益を得るものではありません。
→委託者が受託者に委託する販売業務の内容によって、「締約代理商」または「媒介代理商」、「問屋」等に区分されます。
→「締約代理商」は、委託者が受託者に対し、委託者の代理人として委託者の商品を顧客に販売する業務を委託するものです。

当事務所参考HP:http://keiyaku.info/hanbai01.htm


-----------------------------------
★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。
追加料金(お見積もりします)を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。
-----------------------------------

-----------------------------------
※ご参考(当事務所HP)
販売代理店契約書
 http://keiyaku.info/hanbai01.htm
売買契約書:動産売買契約書、継続的売買取引基本契約書
 http://keiyaku.info/baibai01.html
継続的取引基本契約書
 http://keiyaku.info/torihiki01.html
-----------------------------------

★『販売委託契約書(代理商)』に含まれる条項
-----------------------------------
第1条(目的)
委託者の代理人として法律行為を行う「締約代理商」としての規定です。

また、商品を特定するための規定にもなっています。
別紙に商品名等を記載する場合の規定例と、契約書内に商品名等を記載する場合の規定例を併記しました。


第2条(業務の範囲)
受託者は委託者のために、本件商品の販売にかかる通常の取引の代理を行います。
受託者が委託者の代理人として法律行為を行う「締約代理商」としての規定です。
→ここでは「本件業務の範囲」として、第1号〜第5号に業務を記載しました。(必要に応じて変更して下さい。)

第3条(顧客との契約)
第1項:委託者の代理人として法律行為を行う「締約代理商」としての、商品の販売に係る顧客との契約方法に関する規定です。
第2項、第3項:は、代理商の販売方法について、販売価格および支払条件を定めた条項です。
第3項:本契約では、受託者が本件商品の販売に係る契約を顧客と締結した後に、委託者と顧客との間で本件商品の納入のやりとりをすることを前提としています。そこで第3項では、受託者に対し、本件商品の販売に係る契約を顧客と締結する前に、その内容を委託者に通知することを義務としています。

第4条 (販売手数料)
代理商が業務履行の対価として受け取る販売手数料を定めた条項です。代理商が取り扱った販売金額の一定割合を対価とした場合の条項例です。

第5条 (販売代金の取扱い)
★受託者が販売代金を代理受領する場合、代理受領した販売代金の取扱いについて取り決める必要があります。

第6条 (遅延損害金、保証金)
★第1項は、遅延損害金に関する規定です。
【遅延損害金】
→ここでは、下請法や消費者契約法にならい、年率14.6%としています。
→利息制限法では、営業的金銭消費貸借の場合は年率20.0%が上限となります。
ご参考:公証人連合会HP:http://www.koshonin.gr.jp/kin.html#05
→なお、本条のような規定がない場合は、通常は民事法定利率(年5%:民法第404条)、商行為については商事法定利率(年6%:商法第514条)が適用されます。

【遅延損害金の計算方法】
例えば、100万円の支払い期日が8月31日だとして、実際の支払いが9月5日だったとします。遅延損害金は、以下のような計算となります。
(未払い金:100万円)×(率:0.146)÷365日×(遅れた日数:5日)=2,000円

→委託者に有利とする場合は、年率を「14.6%」もしくは「20.0%」とします。
→受託者に有利とする場合は、年率を「2.0%」あたりに抑えます。

★第2項〜第4項は、保証金に関する規定です。
→委託者に有利となる規定です。(不要な場合は第2項〜第4項を削除して下さい。)

第7条 (報告義務)
★販売業務の履行状況について、委託者は必要な事項をただちに知ることができるよう契約上で受託者が報告すべき事項を確認しておく必要があります。
会社法・商法上、物品の販売またはその媒介を受託した代理商は、顧客から売買の目的物の瑕疵や数量不足について通知を受ける権限があるため、
そのようなクレームを受けた場合にただちに委託者に通知するよう定めておくことがのぞましいです。

第2項:通知のタイミングを「本件商品の販売に係る契約を顧客と締結したとき」としましたが、「本件商品の販売に係る契約を顧客と締結する前に」とすることも可能です。
→実情に応じて修正して下さい。

第8条(クレーム処理)
クレーム処理に関する規定です。受託者が、クレームを受付ける窓口業務を担当するものとしています。
→受託者に有利とする場合の規定例も併記しています。(ただしクレームを受付ける窓口業務は代理店として担当するものとしていいます。)

第9条(広告・宣伝)
代金の支払、消費税負担、遅延損害金、保証金について定めています。

第10条 (資料等の提供)
受託者が販売委託を履行するにあたって、委託者から行う支援の内容について取り決めた条項です。
委託者が行う支援としては、資料等の提供のほか、製品・市場に関する情報提供や受託者の従業員に対する教育・訓練の実施などが考えられます。

第11条 (費用負担)
販売委託の履行にあたって発生する費用について、すべて受託者の負担とすることを定めた条項例です。
なお、広告・宣伝費の一部を委託者が負担することを合意する場合には、費用償還の条件について明確に取り決める必要があります。

第12条 (善管注意義務)
委託者と受託者の関係は、委任(締約代理商)または準委任(媒介代理商)であり、受託者は善良なる管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負います。

第13条 (類似・競合品の取扱い)
代理商に競業避止義務を負わせる規定です。
代理商が販売地域について一手販売権(独占的販売権)を与えられた場合には、その見返りとして競業避止義務を負うことに合意することがあります。
競業避止義務を排除する特約も併記しています。

第14条 (第三者に対する損害)
代理商は、商業使用人と異なり独立した商人であることから、
販売委託の履行にあたって代理商が第三者に不法行為等により損害を与えた場合でも販売の委託者は責任を負わないことを確認する条項です。

第15条(秘密保持)
クレーム処理に関する規定です。乙が、クレームを受付ける窓口業務を担当するものとしています。
商品供給者(甲)に有利とする規定と、特約店(乙)に有利とする規定のいずれかを選択できるようにしています。

第16条 (権利義務の譲渡禁止)

第17条 (契約解除)
契約の約定解除事由を定めた条項です。代理商契約に特有な解除事由としては、
代理商が委託者の企業秘密を漏えいすることや委託者の信用・名誉を損なう行為をなすことなどが掲げられることもあります。
ここでは、一定期間の予告により理由のいかんを問わず、契約当事者の双方に約定解除権を認めています。

第18条 (資料等の返還)

第19条 (有効期間)

第20条 (協議)

第21条 (管轄合意)
-----------------------------------

★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。

追加料金(お見積もりします)を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。

-----------------------------------
※ご参考(当事務所HP)
販売代理店契約書
 http://keiyaku.info/hanbai01.htm
売買契約書:動産売買契約書、継続的売買取引基本契約書
 http://keiyaku.info/baibai01.html
継続的取引基本契約書
 http://keiyaku.info/torihiki01.html
-----------------------------------